なぜレーザーで毛が抜けるの?レーザー脱毛のメカニズム

レーザー脱毛のしくみレーザーでどうやって毛を抜く?

レーザー脱毛は、肌にダメージを与えず、比較的短時間で完了する脱毛方法として人気を集めている脱毛方法です。しかし、どのような仕組みで毛が抜けるのか、疑問に思ったことはありませんか?ここでは、レーザー脱毛の仕組みとそのメリットについて解説していきたいと思います。 レーザー脱毛で使用するレーザー光線は、赤、青、黒といった色を感知して、特定の色のものに集中的に熱を与えることができます。レーザー光線のこの特性を利用して、メラニン色素で黒くなっている毛根にのみ作用させ、発毛させる細胞を熱で破壊することで、脱毛をしているのです。 レーザー光線は毛根にのみ熱を与えているので、皮膚の他の部分にはダメージを与えませんし、細胞を破壊するため永久脱毛が可能となります。

レーザー脱毛で気をつけなければならないこと

比較的安全で、綺麗に永久脱毛が出来るレーザー脱毛ですが、デメリットやリスクもあります。施術してもらう前に、これらの事をよく知っておく必要があります。 まず、施術時には多少の痛みがあるという事です。細胞を破壊するわけですから、痛みがまったくないというわけにはいきません。最近では痛みの少ない装置も開発されてきてはいますが、ある程度は覚悟しておくべきでしょう。 また、日焼けをしていると脱毛できない可能性があります。というのも、先に説明したように、レーザー光線はメラニン色素に反応するので、毛根以外のところのメラニン色素が強いと、そこにもレーザー光線が作用して、火傷をしてしまったりする可能性があるのです。さらに、色が黒くなくても、火傷など肌トラブルのリスクはゼロではないので、それをしっかり理解した上で取り組む必要があります。

肌のトーンがワンランクアップする、産毛が無くなり化粧ノリが良くなるというメリットが、顔のレーザー脱毛にはあります

© Copyright Laser Hair Removal Fact. All Rights Reserved.