レーザー脱毛のデメリット

毛周期に合わせて定期的な通院が必要となる

レーザー脱毛は、毛周期に合わせて通院をしなければ、十分な効果が現れなかったり、仕上がりにムラができてしまったりすることがあります。そのため、仕事や学校のために脱毛のスケジュールを調整することが難しい場合には、一人ひとりの患者へのサポートが行き届いているところや、予約が取りやすいところを通院先に選ぶ必要があります。また、全身の複数のパーツのレーザー脱毛をする場合には、ムダ毛の状態によって一年以上の施術期間が掛かることも少なくありません。そこで、長期間にわたり自分の生活のリズムに合わせて施術を続けるために、ネット上で予約の管理やキャンセルの手続きが簡単に行えるクリニックを見つけることがポイントです。

全ての施術が終わるまでに高額な出費が必要となることもある

レーザー脱毛は、保険適用外の医療行為のため、施術の部位や通院期間などにより施術が終わるまでに五十万円から百万円ほどの出費が発生することがあります。また、初めてレーザー脱毛の施術を受ける患者にとって、トータル費用を把握しにくいことがあるため、明朗会計の料金プランのあるクリニックを探すことが重要です。最近では、大手のクリニックを中心に、定額制のプランが用意されているところや、一か月程度のキャンペーン期間を設定しているところもあります。そのため、予算の範囲内で通えるクリニックを選ぶうえで、早めに各クリニックの公式サイトやチラシなどを参考にして、希望の施術に必要な料金の相場を確認してみると良いでしょう。

レーザー脱毛を銀座で専門に扱っている美容外科クリニックには、経験豊富な医師や看護師に施術を任せられるところや、顔やデリケートゾーンなど難しい範囲のケアできるところもあります。

© Copyright Laser Hair Removal Fact. All Rights Reserved.